【ドコモ、ソフトバンク、au新プラン】徹底比較!違いや注意点は?

シム、スマホ
スポンサーリンク

新しく発表したドコモ、ソフトバンク、auの新プランの違いや特徴って何?

検討しているのだけど、押さえておくべき注意点はある?

そんな疑問にお答えします。

こんにちはmasaki(masakitblog2020)です。

大手キャリア3社ドコモ、ソフトバンク、auの新プランがいよいよ3月からスタートします。

そこで新プラン「ahamo」、「SoftBankonLine」、「povo」のプランを徹底比較していきます。

新プランを検討されている方は違いと注意点も解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。

この記事で分かる事

  • 新プランの比較
  • 各社ドコモ、ソフトバンク、auのプランの違い特徴
  • 新プランに乗り換えるときの注意点

お付き合いいただければ幸いです。

スポンサーリンク

【ドコモ、ソフトバンク、au新プラン】徹底比較!プランの違いは?

2021年1月にau「povo」が発表され先行したドコモ「ahamo」ソフトバンク「SoftBankonLine」の大手キャリア3社の新プランが出そろいました。

まずは料金、データ量等のプランを比較していきましょう

 ドコモ「ahamo」ソフトバンク「SoftBankonLine」au「povo」
料金2,980円2,980円2,480円
データ容量20GB20GB20GB
低速時の速さ1Mbps1Mbps1Mbps
通話料金20円/30秒(5分超過後)20円/30秒(5分超過後)20円/30秒
国内5分かけ放題無料無料月額500円
国内かけ放題月額1,000円月額1,000円月額1,500円
家族割対象外(*申し込み可能)対象外対象外
キャリアメールなしなしなし
5G対応予定対応予定対応予定
データチャージ500円/1GB500円/1GB500円/1GB
esim対応予定対応予定対応予定
海外ローミング66か国対応アメリカ放題未定

*ahamoの家族割申し込み要件は割引を受けられるものではなく、ドコモに加入している家族から通話を受けた場合にドコモ加入者側の通話料金が無料となるものです。

ahamo側からドコモの家族に通話した場合は5分経過後には料金が発生します。

auの「povo」が料金2,480円となっていますが、5分の通話かけ放題オプション500円に加入すると内容的にほぼ3社とも横並びの印象です。

何と言っても今回発表された新プランの特徴は大容量20GBのデータ量を月額2,980円で使えるところです。

さらに3社とも通信品質は高品質なものを提供すると発表されています。

これは今までの格安simの料金をも凌駕してしまいます。

例として格安simの20GBの通話simの料金比較

mineoBIGLOBEモバイルイオンモバイル
4,590円5,200円4,980円

3社共通のメリットをあげると

  • 月額2,980円で大容量20GBのデータプランを使える(auのpovoは5分の通話かけ放題なしでは2,480円)
  • 大手キャリアの高品質データが使える
  • 仮に低速時になった時でも1Mbpsの速度が出る

逆にデメリットはというと

  • キャリアメールが使えない
  • 家族割などの割引が適用されない
  • 実店舗を利用できない

などです。

以上が今回発表された新プランの概要になります。

それぞれ違いもあるので細かく見ていきましょう。

【ドコモ、ソフトバンク、au新プラン】徹底比較!各プランの特徴

ドコモ「ahamo」の特徴は?

  • 先行エントリーでDポイント3,000ポイントをもらえる
  • 海外ローミング66か国無料         

先行して発表されたドコモの「ahamo」いち早く特設サイトを設けてエントリーできるのはドコモだけです。

また海外ローミングは66か国に対応しています。

ドコモ新料金プラン【ahamo】メリット、デメリットおいしい話には裏がある?

ソフトバンク「SoftBankonLine」の特徴は?

  • Lineアプリのデータ消費量はカウントしない
  • 海外ローミングはアメリカ放題がつく

Lineでビデオ通話をよく使う方にとってはデータ消費量も多いのでカウントされないのはうれしい特典です。

ローミングについてはアメリカのみ無料になります。

ソフトバンク新プラン【SoftBank on Line】はいつから?通信速度は?

au「povo」の特徴は?

  • トッピングで通話やデータのオプションをつけられる
  • 通話を使わないかたは他2社より500円安くなる

povoトッピングオプション

  • 5分以内通話かけ放題500円/月
  • 通話かけ放題1,500円/月
  • データ使い放題24時間200円/24時間
  • データ追加1GB500円/1GB

特筆すべき点はデータ使い放題24時間200円/24時間のトッピングです。

デザリングも可能なので出先でのPC作業、テレワークに有効に使え、他社との差別化を打ち出しています。

【au新プランpovo】開始時期はいつから?契約する前に注意したいこと4選!

【ドコモ、ソフトバンク、au新プラン】徹底比較!乗り換えるときの注意点は?

3社とも共通した加入するときの注意点をあげさせていただきます。

  • キャリアメールが使えなくなる
  • 家族割などの割引サービスが適用されない
  • 実店舗を利用できない
  • 端末が対応しているかどうか

キャリアメールが使えなくなる

例えばドコモ→ahamoにプラン変更した場合今までキャリア側から付与されていたキャリアメール(@docomo.ne.jp)が使えなくなってしまいます。

これはソフトバンク、auでも同じです。

普段キャリアメールを使っていなくても認証用で登録されている方は、フリーメールで登録しなおすなどの手間がかかってしまいます。

家族割などの割引サービスが適用されない

家族割などの割引サービスが適用されなくなってしまいます。

ドコモ→ahamoならahamoという別の携帯キャリアで新たに契約しなおすと思っていただいて良いです。

SoftBankonLine,povoについても同じです。

実店舗を利用できない

申込時のみならず普段のサポートもネットのみからになります。

一番こまるのがスマホを紛失したり、simを破損してしまった時です。

実店舗を利用できればすぐに対応可能してもらう事も可能です。

どうしてもネットを経由するとトラブル解決までに時間がかかってしまいます。

手続きが済んでも郵送で新しいsimカードが送られてくるまでに日数もかかってしまいますよね。

こうしたリスクに備えるためにはサブ回線の端末を持つのもありかなと思います。

おすすめは楽天モバイルとocnモバイルoneです。

楽天モバイルなら一年間無料ですし、ocnモバイルoneは特にセールの時端末のセット販売がお得です。

楽天モバイル

月額968円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】

一度チェックしてみてください。

端末が対応しているかどうか

3社とも同時に端末のセット販売は行わないとなっています。

つまり今使っている端末をそのまま使うか、新しくsimフリーの端末を用意しなければいけません。

同じキャリア間(ドコモなら→ahamo)ならそのまま今使っている端末をつかえますが、他キャリアに移行するときは自身の端末がつかえるか確認しなければいけません

対応端末については各キャリアの公式から発表されるとなっています。

まとめ

ドコモ、ソフトバンク、au新プランの共通するメリットは

  • 20GBの大容量のデータを低価格2,980円の低価格で使える(au「povo」は500円の5分通話を加えると)
  • 大手キャリアの高品質なデータを利用できる
  • 低速時でも1Mbpsの速度がでる

逆にデメリット注意する点は

  • キャリアメールが使えなくなる
  • 家族割などの割引サービスが適用されない
  • 実店舗を利用できない
  • いま使っている端末が使えるかどうか注意

です。

各プランの特徴は

ドコモ「ahamo」

  • 先行エントリーが開始されておりポイントがもらえる。
  • 66か国で国際ローミングが使える

ソフトバンク「SoftBankonLine」

  • ラインの消費データ量をカウントしない
  • ローミングは「アメリカ放題」つき

au「povo」

  • 通話かけ放題をつけなければ2,480円と3社の中で最安
  • トッピングでデータ使い放題もつけられる(日/200円)

また3社とも共通の不安になってしまうところは実店舗が利用できなくなってしまうところです。

トラブルになってしまった時のネット環境は整える必要があります。

そんなときにはサブ回線にもう一台スマホがあれば安心です。

検討するのであれば一年間無料の楽天モバイル、セールで端末が安くなるocnモバイルがおすすめです。

楽天モバイル

月額968円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました