なぜ未成年者は親の同意なくしてスマホやSIMを契約できないの

シム、スマホ

20才以下のかたはスマホ、SIM,WIFIなどを契約するときは法廷代理人(親権者)つまり親の同意をえなければなりません。

いちいち親に同意をもらうのは面倒ですよね。

スマホの通信費くらい自分で支払えるし、プライベートなものだから親には内緒にしておきたいそんなかたもいるかもしれません。

ひとくくりに未成年者といっても小学生などとちがって自立している18才、20才のかたも多いはず。

今回はなぜ支払い能力があるのに、わざわざ親から同意をえなければスマホやSIMを契約できないのかを解説していきます。

お付き合いいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

なぜ未成年者は親の同意なくしてスマホを契約できないの

キャリア側から見れば法律で契約を取り消されてしまうおそれがあるためです。

民法では未成年者との契約は親権者の同意がないものは、後で契約を取り消すことができます。

一口に未成年者といっても、生まれたばかりの赤ちゃんも中学や高校を卒業して自立して働いているかたも20才未満ならひとくくりに法律上では未成年者としてまとめられてしまいます。

20才未満でも親元を離れて自立しているかたは自分だけの意思で携帯を契約できないのは不便に感じるかもしれませんが、法律で定められている以上従わなくてはならないのです。

キャリア側からみると契約者が料金を支払わない場合当然料金を契約者に催促します。

しかし未成年者が料金を滞納してしまい、もし契約を取り消されてしまうと料金を請求できなくなってしまうのです。

そのため後で契約を取り消されることがないように事前に親権者の同意書を求めるのです。

民法の未成年者の契約について

民放の第4条に明記されています。

第4条
齢二十歳をもって、成年とする。
(未成年者の法律行為)
第5条
1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

ここに明記されている法定代理人というのが親権者です。

例外的に親権を有する者がいなくなった場合は裁判所への請求により未成年後見人が専任されます。

民法の条文にあるように未成年者が契約したものは法定代理人が後で取り消すことが出来ます。

しかし取り消せない場合として以下の例外があります。

  • 結婚している場合
  • 成年者であると嘘をついた場合
  • 契約を追認した場合
  • 法廷代理人に前もって使うことをゆるされた財産(小遣いの範囲)

結婚している場合

未成年者で結婚している場合は民法上の規定で契約は可能になりますが、契約時に親の同意書のかわりに住民票などの婚姻を証明する書類を用意する必要があると考えられます。成年者であると嘘をついた場合

成年者であると嘘をついた場合

契約を追認した場合

上記2点の場合は携帯、スマホ、WIFIなどの契約のときには本人確認書を求められるため、年齢は必ず確認されます。

民放の規定上年齢を偽ったり法廷代理人である親が両親が料金を支払って契約を追認した場合は契約の取り消しはできませんが、そもそも法廷代理人の許可なく契約すること自体が不可能になっています。

法廷代理人に前もって使うことをゆるされた財産(おこづかいの範囲)

最後に法定代理人から許された財産とは、通常の買い物などのケースを思いうかべるとよいでしょう。

ショッピングやコンビニでの買い物など一般常識の範囲内にある契約は取り消すことができません。

もしも契約が取り消されたら

民放4条の規定で未成年者の契約を法定代理人が取り消したならどのような効果があるのでしょう?

  • 代金の支払い義務がなくなる
  • 未成年者の支払った代金請求ができる
  • 契約した物をつかっていたとしても残りを返却すれば問題ない

未成年者側にはこのような効果がうまれます。

このように契約を取り消しされてしまうとキャリア側は大きな損失をうけてしまいます。

親権者の同意とは

未成年者の契約では法定代理人の同意が必要ですが、同意の確認方法は各キャリア違うので契約したいキャリア事に確認する必要があります

web上での申し込みの場合には同意のチェック項目に親権者がチェックをいれるだけで契約出来てしまうキャリアもあるようです。

同意書を記入してもらい契約する場合するには各キャリアホームページ上からダウンロードもできます。

またソフトバンクではweb上で本人と法定代理人とが別々にパスコードを設定し契約を申し込むのも可能なようです。

同意書・委任状 | 店舗を探す | ソフトバンク
「同意書・委任状」についてご案内いたします。同意者がご来店いただけない場合でも、ウェブ上で同意書を作成しお手続きいただけます。

どんな同意方法であれ未成年者が契約する場合には法定代理人(親権者)の同意がひつようですが、キャリアによっては同意の確認方法の違いや同意書のフォームに違いがあります。

若年齢、また高額になる契約になるにつれ親権者の同意方法が厳格になる傾向があるようです。

各携帯キャリア未成年者は何歳から契約できるの?

民法上の規定でみると何歳でも法定代理人(親権者)の同意があれば契約できますが、ほとんどの格安シム会社では18才から(高校生不可)となっていることが多いです。

大手キャリア、大手キャリアのサブブランドのシム会社については中学生からでも本人名義で契約できるようになっています。

[新規契約]未成年者の申し込みについて教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
Y!mobile(ワイモバイル)の「[新規契約]未成年者の申し込みについて教えてください。」のページです。
未成年者の名義で契約はできますか? | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ
はい、中学生(進学2か月前)からご契約できます。 ※ご契約者様が未成年の場合、親権者同伴で来店の場合のみお申込みいただけます。 ※ご契約者様が小学生以下の場合、親権者名義でのご契約となります。
|サポート|LINEモバイル
よくいただく質問やよく使われる用語を確認できます。LINEモバイルでわからないことがあれば、こちらのページをご覧ください。

民法改正により2022年より成人年齢が18才に引き下げに

2022年より民法の改正により成人年齢が18才に引き下げられます。

この法律の改正により2022年の4月1日以降は18才以上であれば法廷代理人の同意を得ることなく携帯の契約も自由に本人の意思で自由にできることになります。

Q3 成年年齢の引き下げによって,18歳で何ができるようになるのですか?

A 民法の成年年齢には,一人で有効な契約をすることができる年齢という意味と,父母の親権に服さなくなる年齢という意味があります。
  成年年齢の引下げによって,18歳,19歳の方は,親の同意を得ずに,様々な契約をすることができるようになります。例えば,携帯電話を購入する,一人暮らしのためのアパートを借りる,クレジットカードを作成する(支払能力の審査の結果,クレジットカードの作成ができないことがあります。),ローンを組んで自動車を購入する(返済能力を超えるローン契約と認められる場合,契約できないこともあります。),といったことができるようになります。
  なお,2022年4月1日より前に18歳,19歳の方が親の同意を得ずに締結した契約は,施行後も引き続き,取り消すことができます。
  また,親権に服することがなくなる結果,自分の住む場所(居所)を自分の意思で決めたり,進学や就職などの進路決定についても,自分の意思で決めることができるようになります。もっとも,進路決定について,親や学校の先生の理解を得ることが大切なことに変わりはありません。  そのほか,10年有効パスポートの取得や,公認会計士や司法書士などの国家資格に基づく職業に就くこと(資格試験への合格等が必要です。),性別の取扱いの変更審判を受けることなどについても,18歳でできるようになります。

法務省

親元を離れて自立して生活しているかたも多くいます。

携帯の、WIFIなどの契約にいちいち親と連絡をとって同意してもらうのは面倒です。

2022年4月以降は法定代理人の同意を得ることなく本人が自由に契約をできるようになります。

まとめ

未成年者(現状20才以下)のかたは携帯、格安SIM,WIFIなどの契約のときには、法定代理人つまり親の同意が必要になります。

これは民法で未成年者が法定代理人の同意がなく契約をしたものを法定代理人が取り消すことができるという規定があるためです。

そのため契約のときにはどんなに自立している18,19才の未成年のかたでもわずらわしい親の同意をもらう必要があります。

今後は民法の改正により2022年4月以降に成人年齢が18才にひきさげられ法定代理人の同意をえることなく、18才以上であれば契約を自由にできます。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました