BroadWIMAXでの再契約はお得なの?メリット、デメリットは

シム、スマホ

BroadWIMAXの長期契約3年の更新月が近づくと

「機種変更した方が良いの?」

「他のプロバイダーに乗り換えた方がよいの?」

実際こんなお悩みをよく聞きます。

今回はそんなお悩みを解決します。

こんにちはmasaki(@masakitblog2020)です。

結論から言えばBroadWIMAXで再契約することはズバリおすすめできます

まずはじめに押さえておきたいのは3年契約の更新月にはいままでの契約は必ず解約した方が良いという事です。

BroadWIMAXにかぎったことではありませんが、そのまま契約し続けると結果損をしてしまいますよ。

そのあたりをふくめBroadWIMAXを新しい契約先にすることのメリットデメリット注意点を徹底解説します。

皆さまの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

BroadWIMAXは再契約できる

BroadWIMAXは更新月がきたら再契約することができます。

再契約することで初回契約時に受けられた特典を全て受けなおすことが出来ますよ。

  • 初期費用18,857円が無料(ただし事務手数料3,000円はかかります)
  • 新しい端末を受け取れる
  • 当初の安い月額料金に戻せる

一度契約をリセットするイメージです。

ほかの高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダー、例えばGMOとくとくbbのようなプロバイダーでは一度キャッシュバックを受けた方(同一グループでの光契約などでも)は同一名義ではキャッシュバックキャンペーンを受け取ることが出来ません。

BroadWIMAXは高額なキャッシュバックキャンペーンはありませんが、再契約することでバランスの良い月額割引を受けなおすことが出来るのです。

BroadWIMAXを契約している方ならご存じだと思いますが、使用年数が増えるごとに年々月額料金が高くなってしまいます。

BroadWIMAXギガ放題プラン月額最安プラン(3年)

利用開始月1~2か月目3~24か月目25か月目以降
2,726円の日割り2,726円3,411円4,011円

再契約することで2年目まで受けられた月額料金値引きを受けなおすことができ、さらに新しい端末を手にすることができます。

BroadWIMAXの初期費用18,857円ってなに?

他のプロバイダーにはないBroadWIMAXの初期費用とは、簡単に言ってしまえば端末代ととらえてもらえばいいかと思います。

初期費用つまり端末代を無料にする条件は

  • WEBで申し込む
  • 支払い方法をクレジットにする

上記2点を実行することで問題なく無料にすることができます。

もし2点の条件をクリアーできないと18,857円と高額な初期費用がかかってしまいます。

最初に高額な費用がかかってしまうのなら、BroadWIMAXで契約するメリットは全くなくなってしまうといっても良いでしょう。

BroadWIMAXに再契約することでのメリットは

  • 月額料金を安く抑えれる
  • 端末を新しくできる

の2点です。

料金を安くできる

BroadWIMAXで再契約することで2年目まで割引料金が適用されます。

いままで月々4,011円支払っていたものが、2,726円さらに3か月目から2年目までは3,411円に下がるのは大きなメリットです。

BroadWIMAXに限らず3年しばりの契約では徐々に支払料金が高くなっていくプランが多いです。

よくネットで最安〇〇円などとうたったものを多くみかけますが、適用される月は当初の数か月のみである場合がほとんどです。

BroadWIMAXについては2年目までは月額料金3,411円とかなり良心的な価格設定になっています。

3年目は4,011円と高めの料金にはなっていますが、2年目までと言う長期間、良心的な割引をうけられることが最大のメリットです。

端末を新しくできる

3年間同じ端末を使い続けると端末の性能も古くなってきますし、バッテリーの寿命も近づいてきます。

新しい端末を再契約することで無料で手にすることが出来るのもメリットです。

BroadWIMAXに再契約することでのデメリットは

  • 事務手数料がかかる(3,000円)
  • 違約金も振出しに戻る
  • 解約手続きを踏まなければいけない

3点あげさせていただきましたがどれも再契約の最大のメリット、月額料金を安く抑えるからみると小さなものになります。

事務手数料がかかる(3,000円)

BroadWIMAXの公式ページなどでも初期費用18,857円が無料と言うキャンペーンはよく見かけますが、この初期費用と事務手数料は別になります。

つまり初回契約にせよ、再契約にせよ事務手数料3,000円は必ずかかってしまう費用です。

違約金も振出しに戻る

再契約するという事はすべての契約内容が振り出しに戻るという事です。

月額料金を当初の安かった料金に戻せるというのが最大のメリットと言いましたが、逆に違約金の方も当初の高額な違約金に戻ってしまいます。

BroadWIMAX違約金

開始~12か月13か月~24か月25か月以降
19,000円14,000円9,500円

さらに注意しなければいけないのが、初期費用無料のキャンペーンを受けた場合は2年目までこの違約金にプラス9,500円が加算されることです。

18,857円割引キャンペーンの適用を受けたお客様が、ご契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWIMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円を請求させていただきます。

broadWIMAX

ほとんどの方が初期費用無料キャンペーンを受けていると思うので実際の違約金は下記のようになります

開始~12か月13か月~24か月25か月以降
28,500円23,500円9,500円

ただし現状WIMAXを安い料金で利用するとなると他のプロバイダー含めて3年契約が必須の状態です。

さらにBroadWIMAXなら後ほど解説する「いつでも解約サポート」も用意されているので高額な違約金についてはあまり神経質にとらえなくても良いでしょう。

解約手続きを踏まなければいけない

再契約する場合には一度解約の手続きををふまなくてはなりません。

さらにもう一度Web上から新規の申し込みをする必要があります。

のちほどBroadWIMAXの解約方法を解説します。

機種変更はどうなの?

実はBroadWIMAXには長期契約者の方向けに機種変更キャンペーンを行っています。

結論は機種変更はおすすめできません。

機種変更キャンペーンを申し込むより再契約した方が料金が安くなるからです。

実際にみていきましょう。

BroadWIMAX機種変更キャンペーン申込条件

対象は3年プランを32か月ご利用のかた

特典として

  • 端末が無料
  • 割引を受けられる(2年間最大400円)

機種変更キャンペーンの概要は契約から32か月を過ぎた契約者に新しい端末と2年間最大400円の割引をするというものです。

ただし機種変更を申し込んだ月から新しい3年の契約となります。

新しい契約なので機種変更のときに3,000円の事務手数料もかかってしまいます。

月額料金2年400円の割引きと言いましたが、内訳の100円はELENOというBroadWIMAXと提携している電力会社に同時に申し込んだときの割引額です。

なので純粋にWIMAXの割引額でみると2年間300円の割引となります。

再契約した時の月額料金を比較すると(月額割引は300円として計算しています。)

 利用開始月1~2か月目3~24か月目25か月目以降
再契約2,726円の日割り2,726円3,411円4,011円
機種変更3,711円3,711円3,711円4,011円

このように見てみると月額料金でのお得感はまるでありません。

むしろ機種変更をすることによって不利な条件でさらに3年間契約させられるといっても良いでしょう。

更新月にいったん解約するのがベストな方法!

BroadWIMAXと再契約するにせよ他のプロバイダーに乗り換えるにせよ違約金がかからない更新月に解約して契約しなおすのがベストな方法です。

そのまま解約しないと4,011円という高い月額料金を払い続けることになりますし、更新月がすぎてからも9,500円の違約金は発生するからです。

BroadWIMAXを使い続けるのであれば更新月で再契約することをおすすめします。

BroadWIMAXと再契約?違うプロバイダーと契約どちらが良い?

では実質の月額料金で一番安いといわれるGMOとくとくBBと比べてどうなのでしょう。

GMOとくとくBBには月額料金は高いけど高額なキャッシュバックのあるプランと月額割引のある2プランが用意されています。

BroadWIMAXと比較してみましょう。

プロバイダー初月1~2か月目3~24か月25か月目以降
GMOキャッシュバック3,609円の日割り3,609円4,263円4,263円
GMO月額割引き2,590円の日割り2,590円3,344円4,263円
BroadWIMAX2,726円の日割り2,726円3,411円4,011円

GMOでキャッシュバック31,000円を受け取った場合の3年総額

124,160円

GMOの月額割引での3年総額

132,904円

BroiadWIMAXの3年総額

131,626円

以上の金額になります。

GMOのキャッシュバック割引は金額的には最安ですが、問題はキャッシュバックを確実に受け取れるかどうかになります。

キャッシュバックを受け取るにはプロバイダーから送られてくるメールから手続きをして振込先の銀行を登録します。

メールをチェックし忘れた、そもそもキャッシュバックのことを忘れてしまってキャッシュバックをもらいそびれてしまったという声もよく聞かれます。

さらにキャッシュバックのうけとりの手続きは12か月後の1か月以内に行う必要があります。

1か月の期間を逃してしまいますとキャッシュバックを受けとれません。

もしキャッシュバックを受け取れなかったと考えると、3年間の支払い総額が163,904円となってしまい一番高い料金を支払う事になるリスクもあるのです。

キャッシュバックをもらい損ねるのが怖いというかたには、やはりバランスのとれたBroadWIMAXの再契約をおすすめします。

でも再契約はさらに3年しばられる

再契約するという事は新しい契約をむすぶということなので、次の更新月がくるまでに解約すると高額な違約金が発生してしまいます。

ただしBroadWIMAXには「いつでも解約サポート」という違約金負担という機能も用意されています。

BroadWIMAXが窓口になってほかの回線業者を紹介してくれるシステムです。

「いつでも解約サポート」を利用すればWIMAXの契約期間中高額な違約金は発生しません。

新たにWIMAXの契約をし直したのに、出張や引っ越しでWIMAXが使えなくなってしまった。

またネットゲームなどをよくするようになった、VODなどのネット配信サービスに加入してWIMAXの3日で10GBの制限では使い勝手がわるくなった。

そんなときには「いつでも解約サポート」を利用して新しい光などのプロバイダーを紹介してもらうことによって高額な違約金を請求されなくなります。

長期契約が強いられるWIMAXにはうれしい救済機能といえますね。

BroadWIMAXの再契約方法

更新月がきたらいったん解約して、新たに新規契約としてweb上から申し込む流れになります。

BroadWIMAXの更新月のかぞえ方

契約した時にWIMAXの端末が届いてから36か月後の翌月が更新月になります。

つまり2020年11月に端末が届いたとするならば、2023年の12月が更新月になります。

契約内容については会員ページにログインしてBroadWIMAXのサポートページからも確認できます。

注意しなければならないことは更新月は1日から月末ではないことです。

各更新月25日までがその月の締め日となります。

つまり先ほどの例で言えば2020年の11月に端末が届いた場合

厳密な更新月は2023年の11月26日から12月25日までとなります。

12月26日に解約手続きをしてしまうと、違約金9,500円がかかってしまいますので注意してください。

さらにBroadWIMAXの解約日の料金請求については日割りになりません。

月初めに解約しても月末に解約しても同じ料金4,011円を請求されます。

ですからさきほどのの例で言えば更新月に入ったばかりの2023年の11月の25日過ぎに解約するのがベストです。

さらにネットが使えなくなるのを防ぐために新しい契約は11月の20日ころに契約しておいた方が良いでしょう。

契約から端末が届くまでに長く見積もって1週間程度はかかります。

前の契約と重なる期間もありますが、新しい契約については初月なので2,726円の日割り計算になります。

数百円の出費でWIMAXが使えなくなるタイムラグを埋められると考えればやすいものですよね。

BroadWIMAXの解約方法

broadWIMAXの解約方法は2通りです

  • サポートセンターに電話する
  • web上で手続きする

上記2点です。

サポートセンターから解約する

解約専用ダイヤルが用意されていますので、こちらへ電話して解約したい旨をオペレーターのかたにお伝えください。

broadWIMAX解約専用ダイヤル

050-3144-9935

受付時間11:00~18:00(月~土/年末年始は除く)

注意点としては祭日明け月末、月初は回線が混雑します。

火曜日から土曜日までの14:00~17:00までが比較的つながりやすいようです。

参照:broadwimaxお客様ページ

web上から解約する

以前は解約サポートダイヤルのみでしか解約できませんでしたが、web上でも解約手続きできるようになりました。

こちらのURLより解約手続きが行えます。

Broad サポートサイト | Broadサービス お客様向けサポートサイト|株式会社リンクライフ
Broadサービスのご利用明細ページです。ご利用明細や登録内容の変更ができます。当サイトはBroadサービスについての各種サポート情報サイトです。

BroadWIMAXを新たに契約し直す

更新月のところでもいいましたが、WIMAXが使えなくなる期間を防ぐために古い契約と新しい契約がかぶる期間があっても新しい契約は早めに契約することをおすすめします。

新しい契約については初月は2,726円の日割り計算をしてくれるからです。

逆に最終月の契約については日割り計算されません。

1日に解約しても月末に解約しても同じ料金4,011円を請求されます。

おすすめは古い契約は更新月の起点となる25日過ぎから月末までに解約して新しい契約は少し早めの20日過ぎくらいに契約することです。

【BroadWiMAX】月額2,726円(税抜)~!

まとめ

Broadwiamxは再契約できるプロバイダーです。

再契約することで実際に受けることが出来るメリットは

  • 月額料金を安くできる
  • 新しい端末を受け取れる

この2点が最大のメリットになります。

再契約するときに解約手続き、契約手続きや事務手数料の3,000円がかかるなどの手間と費用がかかりますが手に入れられるメリットのほうが大きいので必ず更新月には今までの契約を解約しましょう

BroadWIMAXは高額なキャッシュバックはありませんが、月額料金がリーズナブルに設定された良いプロバイダーです。

【BroadWiMAX】月額2,726円(税抜)~!

この記事で説明させていただいたようにBroadWIMAXでは更新月で解約して再契約することで、さらに3年間お得にWIMAXを使う事ができます^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました