【OCNモバイルONEの1円スマホ】を再購入!ブラック入りする解約条件は?6か月回線維持?

シム、スマホ

OCNモバイルONEで1円スマホのような特価価格のスマホを再購入したい。

短期解約をしちゃうとブラックリスト入りするってほんと?

この記事はそんな疑問をもっている方向けになります。

こんにちはmasakiです。

先日OCNモバイルのセールで前回RedmiNote9sに引き続きRedmi9tを1円で購入しました。

ある程度「使える」サブスマホが欲しくなったからです。

そこで白羽の矢を立てたのが、激安で端末を購入できるOCNモバイルONEのスマホセールです。

スマホセットがお得なOCNモバイルONE

OCNモバイルONEのセールで再購入は、巷の噂ではブラックリスト入りの条件も厳しくなって難しくなっているらしい。

そんな声も聞こえてきます。

この記事では1つのモデルケースとして

私がOCNモバイルONEでスマホセットを再購入した条件から、どのようにOCNモバイルONEと上手に付き合っていけばよいか

を考察していきます。

スポンサーリンク

【OCNモバイルONEの1円スマホ】を再購入!ブラック入りする解約条件は?6か月回線維持?

冒頭でもお伝えいたしましたが、2021年8月にOCNモバイルONEのスマホセールでXiomiのRedmi9tを2021年2月のRedmiNote9sに引き続き再購入しました。

【Redmi9tレビュー】え!このスマホが1万円台?最高じゃないけどちょうどいい!

わたしの購入条件

  • 2021年2月にRedmi9sをOCNモバイルONEで購入(OCNモバイルONEの利用はこの時初めて)
  • 2021年8月回線解約(6か月維持)
  • 2021年8月回線解約直後、Redmi9tを1円で再購入

上記のような感じです。

ここで注目していただきたいのが、回線解約直後に再購入できたという所

というのも購入の際「購入後でもキャンセルされることもある」という注意書きがあったからです。

6か月維持が短期契約とみなされ、契約をキャンセルされるなどのトラブルが嫌だったんです。

先に解約後、再購入なら時系列的な記録も残っているので再契約が認められたと判断出来る。

そんな風に思いました。

ただわたしのケースは、解約直後の再購入だったのでOCNモバイルONE側へ解約データが反映されていないだけかもしれません。

ちなみに前回購入したOCNモバイルONEのSIMについては、サブ回線として使用していました。

いわゆる塩漬けにはせず、モバイル回線の運用実績はつくっておきました。

前回購入したRedmiNote9Sの6か月間維持にかかった費用7,583円の内訳はこちらです。

  • 事務手数料3,300円
  • SIM発行手数料433円
  • 1GBプラン毎月の通信費770円×5=3,850円(初月無料のため)

あくまでモデルケースになりますが、6か月維持後すぐに1円スマホを再購入できました。

  • OCNモバイルで1円スマホを購入するのは2回目
  • 最初の契約は6か月維持
  • その間SIMカードは塩漬けにせず運用していた
  • 解約直後、ふたたび1円スマホを購入

【OCNモバイルONE】でブラックリスト入りしてしまうと再購入できなくなってしまう

まず初めにOCNモバイルONEのブラックリストって何って所。

ブラックリストとは、OCNモバイルONEの独自の基準で過去の契約状況から判断して申込があっても断られる方のリストです。

そして実際OCNモバイルに申込をして、断わられているかたが一定数いることからブラックリストは確実にあると言えます

なぜブラックリストが存在するかと言えば、表向きの契約上、即時解約も可能だからです。

現在は通信事業法改正により、どこのスマホ通信事業者も即時解約できるのが普通になっているから。

6か月以内に事業者や通信契約を見直す利用者にとって期間拘束のない契約が選択肢となる
よう、期間拘束の有無による6か月分の通信料金差※3と違約金の水準(1,000円)とが均衡するように料金差の上限を設定。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000628680.pdf

OCNモバイルONEは端末のセールでお客さんを集め、SIM契約で利益を出しています。

言わば端末目当てだけの短期契約の方は、招かざるべき客ということ。

なのでそのような方をはじくため、ブラックリストがあるといえます

ブラックリスト入りしてしまうと、OCNモバイルONEと契約できなくなってしまいます。

さらに1度ブラックリスト入りしてしまうと、どのくらいで再度申込ができるかなどの条件も一切公表されていません。

復活されたかたもいますし、ケースバイケースのようです。

【OCNモバイルONE】でブラックリスト入りする条件は解約する際の契約期間

OCNモバイルONEでブラックリスト入りする条件に解約期間があります。

ただし条件はブラックボックス化されていて、一切公表されていません。

以前は6か月間維持すれブラックリスト入りしないというのが定説でした。

ただしブラックリスト入りする条件も厳しくなってきていて、6か月以上維持していてもブラックリスト入りするかたもいるみたいです。

  • 6か月以上7か月目解約、8か月目解約でもブラックリスト入りしてしまった。
  • 仮に6か月維持で再購入できたとしても、2回目3回目何回契約できるかどうかも不明

OCNモバイルONEでは契約者向けに機種変更の割引も行っています(5,000円割引)
このことからも分かるよう、既存の契約者に対しては1円スマホなどの特価価格で端末を売ることは想定していません。

あくまでも新規契約者を募るために1円特価スマホなどのセールがあるのです。

なので私たち契約者のスタンスとして、

  • スマホセールでの契約は1回限りと考え1年2年単位で考える。
  • もしくは、ブラックリスト入り覚悟で短期解約する

2つのうちどちらかを選択したほうが良さそうです。

【OCNモバイルONE】で契約できる回線は5回線まで

OCNモバイルONEは1契約者5回線まで契約できます

OCN モバイル ONEは、1契約につき、最大4枚までSIMカードを追加でき、合計5枚使用できます。

https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/hajimete/guide/benri.html

そして特価セール中購入できるスマホは、1セール1台までと決められています。

本商品は、お一人様1セット限りとさせていただきます。複数のお申し込みを確認した場合は、キャンセルとさせていただき、商品をお届けできませんのであらかじめご了承ください。

https://simseller.goo.ne.jp/ext/notes_kiyaku.html

OCNモバイルONEのセールは、グーシムセラーの各店で毎月のように行われています。

つまりブラックリスト入りする大きな条件の一つ、解約条件を潜り抜け、解約せずに理論上5台までセール価格で購入できるんですね。

ただし契約出来、端末を手にいれられたとしても、短期契約の条件に該当して返品をもとめられるなどトラブルになる可能性も否めません。

仮に成功して、転売で利益を出すことを想定すると

  • 1台目5か月維持6,813円
  • 2台目4か月維持6,043円
  • 3台目3か月維持5,273円
  • 4台目2か月維持4,503円
  • 5台目即解約4,503円(即解約は初月無料は適用にならない)

トータル維持費27,135円となります。

OCNモバイルONEに限らず今の通信事業者の端末の値引きは20,000円まで。

端末を購入する利用者に対する利益の提供であって、通信役務の継続利用を条件とはしないものの上限
は、2万円※とする 。
※ 比較対象とする価格と先行同型機種の買取価格の差額が2万円を下回る場合は、その額とする。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000628680.pdf

20,000円の端末なら10,000円で売却するのがせいぜいでしょう。

仮に1台10,000円で売却すると、50,000円から維持費を差し引き利益は22,865円となります。

手間と時間をかけて1回限りのお小遣い稼ぎで2万円ちょっとの利益。

1回限りというのも、このような解約の仕方をすればまず間違いなくブラックリスト入りしてしまうから。

はっきり言って割に合いません。

【OCNモバイルONE】と上手な付き合い方とは

サブ端末として1~2年単位で長期使用するのがおすすめです。

スマホセールのみ取りざたされるOCNモバイルONEですが、実は通信品質、月々の通信費ともに優秀です。

通信容量月額料金
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

メインで使用している回線を紛失してしまった時のため、サブ回線を用意したい。

そんなとき、

  • 端末を1円で購入できる
  • 通話つきSIM1GBを1か月770円で維持できる

端末が激安、毎月の維持費も安いOCNモバイルONEとの契約が威力を発揮します。

契約期間1年を目途に計算すると12,203円

初期手数料3,733円×通信料12か月分8,470円

1年契約を短期契約とみなされるかどうかは微妙ですが、少なくとも契約中に2台目を申し込めば2年は使えます。

2年総額24,406円で約20,000円の端末2台を持てる。

端末を購入したと考えれば、15,000円以上お釣りがきて通信維持費もただです。

かなりお得ですよね。

スマホセットがお得なOCNモバイルONE

まとめ

OCNモバイルONEのおすすめの付き合い方は、ある程度長期契約も視野に運用していくことです。

短期解約してしまうと、ブラックリスト入りしてOCNモバイルONEと契約できなくなってしまうから。

特に通話付きプランの1GBでサブ回線契約するのがおすすめです。

ブラックリスト入りする目安は、あくまでイメージですが

  • 即時解約~5か月の短期契約:レッドゾーン
  • 6か月~8か月:グレーゾーン

といったところでしょうか。

何か月以上契約すれば確実にブラックリスト入りしないとは、だれにも言えません。

OCNモバイルONEがブラックリスト入りする基準を公表していないから。

ただ少なくとも初回契約2年間はOCNモバイルONEを格安でサブ運用できるといえます。

2年総額24,406円で約20,000円の端末を2台を持てる。

端末を購入したと考えれば、15,000円以上お釣りがきて通信維持費もただです。

スマホセットがお得なOCNモバイルONE

わたしの場合、6か月維持で解約、即端末再購入できました。

ただ解約したのが初めてですし、3回目は仮に1年継続したとしてもブラックリスト入りする可能性は否めません。

興味本位で6か月維持後解約するか1年維持するか迷っています。

ブラックリストに入りしたとしてもOCNモバイルONEには感謝の気持ちしかありません。

2台の端末をGETでき、サブ回線を格安で維持できたのですから。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました