【au新プランpovo】開始時期はいつから?契約する前に注意したいこと4選!

シム、スマホ

auから発表された新プランは安くて魅力だなあ。

いつから開始?

あと契約前の注意点なんかはある?

そんな疑問にお答えします。

こんにちはmasakiです。(masakitblog2020

先行する2社ドコモ、ソフトバンクに追いつく形でauからも新プランpovoが発表されました。

大容量のデータを格安で使えるのは大歓迎ですよね。

そこで今回は新しく発表されたauの新プランpovoについて深堀していきます。

契約前の注意点もあるので要注目ですよ。

この記事でわかること

  • au新プランpovoの開始時期
  • au新プランpovoの特徴
  • 契約前の注意点

お付き合いいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

【au新プランpovo】povoの開始はいつから?

公式オンラインサイトで2021年3月開始予定と発表されています。

追記として3月23日よりスタートと発表になりました。

申込方法はオンラインのみでauショップでの予約、受付は行っていません。

ドコモの「ahamo」については発表直後から予約の受付を行っていましたが、今回のau「povo」についてはこれから追って申込のサイトが開設されるようです

povo公式サイトより

【au新プランpovo】の特徴は?

まずは今回発表されたau新プラン[povo]の特徴について見ていきましょう。

データ量の20GBというのは先行発表されたドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on Line」と同じですが、価格については違いがあります

ドコモ新料金プラン【ahamo】メリット、デメリットおいしい話には裏がある?

ソフトバンク新プラン【SoftBank on Line】はいつから?通信速度は?

ドコモやソフトバンクが2,980円なのに対してpovoは2,480円となっています。(いずれも税抜)

ただしドコモやソフトバンクは通話かけ放題(国内通話5分)がついているのに対してpovoは通話かけ放題がついていません。(20円/30秒)

その代わりトッピングと言われるオプションを追加する形(月500円)で通話かけ放題(国内通話5分)をつけることができます。

つまり月額の料金をシンプルに安くおさえ、あとから追加できるトッピングオプションがあるのが先行した2社との大きな違いとなります。

料金2,480円
データ20GB
通話かけ放題なし(トッピングで追加可能)
低速時速度1Mbps
契約オンライン

また先行2社と同じく20GBという大容量を使い切った後でも1Mbpsの速度がでます。

1Mbpsでれば動画の視聴も可能です。

トッピング

5分間かけ放題500円/月
通話かけ放題1,500円/月
24時間データ使い放題200円/24時間
データ追加1GB追加500円/1GB

ほか主な特徴をまとめてみました。

  • esim対応
  • 2021年夏からは5G対応
  • キャリアメール非対応
  • 海外ローミングは今のところ検討中
  • mnp手数料、事務手数料無料
  • auの家族割、家族割プラスには加入できない
  • 追加料金なしでデザリング使用可能
  • 対応端末のセット販売は予定されていない(追って対応機種を公表)

【au新プランpovo】へ加入する前に注意すること4選!

加入前の注意点をあげてみます。

  • キャリアメール非対応
  • 海外ローミングはいまのところ検討中
  • auの家族割、家族割プラスなどのサービスには加入できない
  • 対応端末のセット販売は予定されていない

キャリアメール非対応

以前からauをお使いのかたは、povoへキャリアメールの引継ぎはできなくなってしまいます

キャリアメールとはauでいえば@au.comや@ezweb,ne.jpといったものです。

ガラケー時代はメインの通信手段として多くの人が使っていましたが、今はラインなどの普及により普段から使う人も少なくなりました。

ただ困るのは仕事で使っていたり、昔からの仲でキャリアメールのみで連絡を取っているようなかたがいる場合です。

さらにキャリアメールをサイトなどの認証用に使っている方も注意が必要です。

フリーメールで新たに登録しなおす、などの手間がかかってしまいます。

海外ローミングはいまのところ検討中

今のところ検討中なのでまだなんともいえませんが、海外旅行や出張に多く出かけるかたは気になるところです。

というのも先行して新プランを発表したドコモの「ahamo」は国内のデータ通信を海外でも引き継げると発表しています。

ドコモ新料金プラン【ahamo】メリット、デメリットおいしい話には裏がある?

ユーザー目線でみるとドコモの「ahamo」や専用アプリを使えばローミング無料となる楽天モバイルのような使い勝手が実現できればベストですよね。

楽天モバイルキャンペーンLP ※期間中限定

追加トッピングで、海外ローミング使い放題なんてアイデアはどうでしょうか。

今後に期待です。

いずれにしても海外によく出かけるかたは今後の発表が気になるところです。

auの家族割、家族割プラスなどのサービスには加入できない

あとauスマートバリューなどもそうです。

つまりauブランドではありながら、全くあたらしいキャリアに加入すると思ってもらって良いです。

家族で割引を受けているかたは、割引要件が無くなってしまいます。

割引要件がなくなることで、同じ通話時間、データ使用でも高くついてしまうことも考えられます。

若者のような20GBという大容量に近いデータ量を毎月消費して、家族割などのしがらみのない単身者のかたには有効な新プランです。

対応端末のセット販売は予定されていない

povoの発表会で端末のセット販売を行う予定がないと公表されています。

ご自分の持っている端末が対応端末であればそのまま使えます。

ただしそうでない場合は対応のシムフリー端末を用意しなければいけません。

ちょっとマニアックな話になりますが、auキャリアについては端末のバンドが対応していても通信規格が特殊なので実際は使えないということも。(アマゾンで格安のシムフリースマホが売られています。)

2020 umidigiスマホ は買いなのか?購入するメリットデメリットは

石橋をたたいて渡るなら、やはりキャリアが今後発表する公式の端末をつかうのが一番安心です。

【au新プランpovo】ネット上の口コミ

新プラン発表してからしばらく時間がたちました。

巷でのau新プランpovoの口コミはどうなっているのでしょう。

twitterの口コミをまとめてみました。

まとめ

auの新プランpovoの開始時期

  • 公式オンラインサイトで2021年3月開始予定と発表されています
  • さらに申込については公式サイトからのみです

追記として3月23日よりスタートと発表になりました。

auの新プランpovoの特徴

  • 大手キャリアauの高品質回線をつかえ月間20GB、低速時でも1mbpsでるのは魅力(先行の大手2社と横並び)
  • 先行して新プランを発表したドコモ、ソフトバンクと比べてデータ量は同じながら2,480円と500円安い。(ただし通話かけ放題オプションはなし)
  • データの追加、かけ放題のようなオプション「トッピング」がある

加入前に注意すべきこと4つ

  • キャリアメール非対応
  • 海外ローミングはいまのところ検討中
  • auの家族割、家族割プラスなどのサービスには加入できない
  • 対応端末のセット販売は予定されていない

auのpovoが後だしのような形になり、これで大手3社の新プランが出そろいましたね。

ユーザーにとっては高品質なデータを安い価格で利用できるのは魅力的ですよね。

今後格安シムや楽天モバイルの動向にも注目し、激動のスマホ業界に要注目です^^

楽天モバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました