月間300GB使え最安!ギアWIFIの実力は?メリット、デメリットを徹底解説!

シム、スマホ

外出先でネットを手軽に利用でき、固定回線がわりにもなるモバイルWIFI。

しかし、いざモバイルWIFIを選ぼうとすると料金、容量、速度などいろいろな要素が絡み合いどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

今回ご紹介するギアWIFIは、大容量プランと価格の安さを第一にうちだしています。

この記事ではまだあまり知られていないギアWIFIの実力を徹底検証。

さらにギアWIFIのメリット、デメリットをあげ、どんな方に最適なサービスであるのかも解説していきます。

特に大容量プランのモバイルWIFI選びに迷っている方は是非参考にしてみてください。

業界最安級!300GB、無制限プランあり!ギアWIFIをチェックする
スポンサーリンク
  1. ギアWIFIって何?
    1. 料金が他社と比べ最安級
    2. 業界で唯一300GBプランがある
    3. 中速無制限プランがある
    4. クラウドSIMではなく物理SIMを採用              
    5. 1年契約のおトクプランとしばり無しプランがある
  2. ギアWIFIの料金体系
  3. ギアWIFIと他社のポケットWIFIとの料金比較
    1. 100GBプラン料金比較
    2. 300GBプラン比較
    3. ご自分のプランを決める目安
  4. ギアWIFIの気になる通信速度
  5. ギアWIFIの端末について
  6. ギアWIFIの解約方法について
  7. ギアWIFIのメリット5つ
    1. 料金が業界最安級
    2. 300GB,完全無制限プランを選べる
    3. 3日で10GBなどの通信制限がない
    4. しばりありプランとなしプランを選べる
    5. 安心のソフトバンク回線
  8. ギアWIFIのデメリット5つ
    1. サービスが始まって間もない
    2. サポートについてはやや不安
    3. 料金は前払い制
    4. 初月の日割りはない
      1. 1日~15日からの当月利用
      2. ・6日~25日からの当月利用
    5. 初期費用がかかる
  9. ギアWIFIはこんな人にはおすすめ
    1. 大容量の安いモバイルWIFIを探している
    2. 3年などの長いしばりは嫌だ
    3. 一人暮らしで固定回線代わりなおかつ外出先でネットを良く使う
    4. 転勤などこれから引っ越しの予定がある
  10. ギアWIFIはこんな人にはおすすめできない
    1. そもそもあまりネットをあまり使わない
    2. 超高画質の動画の視聴、ネットゲームのガチ勢
    3. ポケットWIFIに安さをもとめずより安心をもとめる
  11. その他ギアWIFIについてのQ&A
    1. 未成年者も契約できる?
    2. 契約後にプラン変更はできる?
    3. 端末の故障、紛失の際はどうするの?
    4. クーリングオフはできる?
  12. まとめ

ギアWIFIって何?

2021年7月に新たにサービスを開始した、モバイルWIFIサービスです。

運営会社

株式会社カウスメディア

〒174-0064 東京都板橋区中台1-27-11

代表取締役 上村 誠

電気通信事業者届出:A-03-18755

おもな特徴は以下になります。

  • 料金が他社と比べ最安級                  
  • 業界で唯一300GBプランがある
  • 中速無制限プランがある
  • クラウドSIMではなく物理SIMを採用 されている 
  • 1年契約のおトクプランとしばり無しプランがある

料金が他社と比べ最安級

ギアWIFIの価格設定は他社と比べて最安級です

例えば

月額100GB(1年縛りあり)プランでみると・・・

 100GB月額料金
ギアWIFI3,190円(1年縛り)
THE WIFI3,281円(2年縛り)
どこよりもWIFI3,400円(2年縛り)
クラウドWIFI3,718円(縛りなし)

モバイルWIFI選びで注目するのはもちろん価格だけではありません。

安かろう悪かろうではどうしようもないから。

ただご自分の利用環境に合えば、どこよりも安いギアWIFIの価格は間違いなく魅力的です。

業界最安級!300GB、無制限プランあり!ギアWIFIをチェックする

業界で唯一300GBプランがある

他社との差別点として、ギアWIFIは300GBの大容量プランを打ち出していることです。

現在のポケットWIFI事業者の主要プランは100GB。

さらにギアWIFIでは3日で10GBなどの制限ももうけていません。

中速無制限プランがある

他の事業者ともう一つの差別点は、ギアWIFIには中速無制限プランが用意されていること

上限の容量が定められていないかわりに、通信速度がおさえられています。

気になる通信速度の目安は10Mbps前後。(公式の速度チェックから)

ただ状況によっては容量ありプランに迫る速度をたたきだしていることも。(30Mbpsちかく)

しかし、容量ありプランに比べると速度は抑えられている傾向にあり、過度な期待は禁物でしょう。

あまり通信速度を求めず大容量のデータを使いたいかたにとって、中低速プランは魅力的なプランになります。

クラウドSIMではなく物理SIMを採用              

ギアWIFIはクラウドSIMではなくソフトバンク回線の物理SIMを採用しています。

物理SIMとクラウドSIMの違いは、通信するキャリアが単一か複数であるかどうかです。

物理SIM

  • 通信キャリアが単一なので接続に時間がかからない
  • 接続先が単一キャリアのみなので、通信エリアが限られる

クラウドSIM

  • 接続するときにその都度通信先のキャリアを探すので待たされる
  • 大手キャリアの全ての通信網を使えるので通信エリアが広い

単一のキャリアしか通信できないとはいえ、ギアWIFIはソフトバンクの本回線を利用しています。

全国のソフトバンクの通信網を使えるので、つながりにくいなんてことはほぼないと思って良いでしょう。

純粋な大容量プランを探している方にとって魅力的なものとなっています。

1年契約のおトクプランとしばり無しプランがある

各プランにしばり有りプランとしばり無しプランが用意されています

しばり有りプランは、1年間の最低利用期間が定められている代わり料金が安く設定されています。

ただし、しばり有りプランを1年以内に解約してしまうと9,900の違約金が発生します。

各プランともあり、なしの月額料金の価格差は400円。

お試しで使ってみたい、実際使ってみないと不安という方には選択の幅がひろがりますよね。

またしばり有りプランを選んでも、1年経過後については違約金を請求されることはありません。

以下のように公式Twitterに質問したところ

このような返信を公式からいただきました。

更新月のみ以外は違約金を請求されるといった、契約にがんじがらめになる心配はないので安心して利用できますよね。

ギアWIFIの料金体系

ではギアWIFIのプランの料金体系をみていきましょう。

 お得1年コース(縛りあり)お気軽フリーコース(縛りなし)
100GB3,190円(税込、月額)3,630円(税込、月額)
300GB3,938円(税込、月額)4,378円(税込、月額)
中低速プラン3,938円(税込、月額)4,378円(税込、月額)

月額利用料以外にかかる費用としては、初月の契約事務手数料がかかります。

ギアWIFI契約事務手数料3,300円(税込)

またしばり有りプランの場合期間内に解約すると解約違約金が発生します。

ギアWIFI解約違約金9,900円(税込)

利用するWIFI端末についてはレンタルのため別途料金が発生することはありませんが、紛失してしまったり、壊してしまった場合機械損害金やSIM再発行手数料が発生します。

いずれも高額に設定されているので注意が必要です。

機械損害金20,000円
SIM再発行手数料4,400円

そのため機械損害金が初回のみ半額の10,000円になる月額220円の安心ギア保障のオプションも用意されています。

ギアWIFIと他社のポケットWIFIとの料金比較

実際どのくらいギアWIFIの料金が安いのかプラン別に他社と比較していきます。

100GBプラン料金比較

 月額料金契約期間違約金
ギアWIFI3,190円1年9,900円
THE WIFI3,828円2年(4か月は無料期間あり)10,780円
MugenWIFI3,293円2年(13,500円のキャッシュバックあり)1~12か月目9,900円 13~24か月目5,500円
どこよりもWIFI3,400円2年10,450円
それがだいじWIFI3,718円2年4,950円
AirWIFI3,278円1年1~12か月目7,700円 以降5,500円  
EX WI-FI3,718円2年4,950円
ZeusWIFI初月~4か月3,278円 以降3,828円2年10,450円2年目以降はいつでも0円
クラウドWIFI3,718円なしなし

100GBプランについては他社でも多く取り揃えられていて価格競争も激しくなっています。

そんななか比較した主要ポケットWIFI事業者でも、ギアWIFIが最安となっています。

また1年しばり有りプランの更新条件も1年以降は無料となっているので良心的な価格設定になっていると言って良いでしょう。

300GBプラン比較

現状300GBの大容量プランを用意している事業者はギアWIFIだけなので、各社の200GBプランと料金を比較していきます。

プラン月額料金契約期間違約金
ギアWIFI300GBプラン(1年)3,938円1年9,900円
どこよりもWIFI200GBプラン4,400円2年10,450円
ギガゴリWIFI200GBプラン6,050円2年1~12か月24,200円 13~24か月17,600円 以降0円
FUJIWIFI200ギガクラウドプラン5,995円実質1年初回に5,500円支払い。ただし毎月550円の割引あり。1年後5,500円返金。

ギアWIFIの300GBプランと各社の200GBプランと比較しても最安となっており、少なくとも価格面で他社を圧倒していると言って良いでしょう

ただモバイルWIFIの無制限プランについて、過去に消費者トラブルにつながる問題が話題になりました。

無制限とうたわれていて契約してみたところ、実際には全く使い物にならなかったという事例です。

今後契約者の増加などにより、同じ事がおこるリスクも0ではないということも覚悟しておかなければなりません。

ただ現状では問題なく使えるようで、検証動画もYouTubeにアップされています。

ご自分のプランを決める目安

ギアWIFIは100GB、300GB、中速無制限といった大容量中心のプランを提供しています。

いくら大容量といってもデータを使いきった後は極度の低速(128bps)に制限されてしまうためプランの見極めは重要です。

また固定回線として利用する場合、シェアする方の消費データ量も影響されるので事前に想定される消費量を把握しておきましょう。

プランを選ぶ目安としてコンテンツごとのデータ消費量を表にまとめてみました。

コンテンツ1GBでできること
Web閲覧0.3MBYahooトップページ3,000回
メール(テキスト)0,005MB20万通
メール(画像付き)3MB346通
Zoomビデオ会議1,67時間
YOUTUBE標準画質2,3時間
動画配信サービスHD画質0,8時間

普段のネット利用のなかでは、やはり動画視聴が一番データを消費します。

かりに100GBあれば、動画配信サービスで高画質の2時間映画を40本視聴できる計算になります。

YouTubeの標準画質なら230時間も視聴できる計算になります。

ただし突発てきなデータ消費をともなう作業を行わなければいけなくなる場合もあるので注意が必要です。

例えばパソコンのアップデートやスマホの機種変更に伴うデータ消費です。

このような作業では数GB単位でデータを消費します。

くりかえしにはなりますが、ギアWIFIの場合データを消費後、極度の低速(128bps)に制限されます。

突発てきなデータ使用にもたえられる余力をもったプランを選択することをおすすめします。

業界最安級!300GB、無制限プランあり!ギアWIFIをチェックする

ギアWIFIの気になる通信速度

ギアWIFIではスタッフの方が毎日Twitter上に実測数値をアップしてくれています。

実際どのくらいの速さが出ているのか検証していきましょう。

主に回線が低速になりやすいお昼や夕方の測定結果です。

正直、めちゃめちゃ早く快適と言えないまでも、大容量プラン中速プランともにほぼ10Mbps以上はキープしているようです。

印象では中速無制限プランの速度が検討していると感じました。

逆に大容量プランでも10Mbps近く速度が落ち込んでいることもあるので、4K画像などの超高品質な動画の視聴にはむかないかもしれません

また高速な光回線と比べると、容量の多いデータのアップロードやダウンロードにも時間がかかってしまいそうですね。

ただ10Mbps程度速度がでていれば、通常のネット利用なら困ることはないと思います。

ギアWIFIの端末について

ギアWIFIで用意されている端末は3種類です。

ギアWIFIはレンタルWIFIという位置づけなので端末を購入する必要はありません。

また端末のレンタル費用も月額費用と別にかかることはありません。

ギアWIFIの端末はプランによって決まっており、利用者側で選ぶことはできないです。

100GBコース304ZTか501HW
300GBコース304ZTか501HW
中速無制限コース801ZT

中速無制限コースの801ZTについては2019年発売の機種ですが、304ZTか501HWについては5年以上前の機種のため最新端末と比べるとスペックも低め。

ただしWIFIルーターの理論値の速度については、実測値とかけ離れるためそこまでスペックにこだわる必要もありません。

実用には問題ないと言って良いでしょう。

 304ZT501HW801ZT
本体画像
サイズ117×62×13,9104×60×18,271×71×14,2
重量150g150g93g
通信速度下り187,5Mbps187,5Mbps112,5Mbps
通信速度上り37,5Mbps37,5Mbps37,5Mbps
通信時間9時間10時間10時間
充電ポートmicroUSB-BmicroUSB-BmicroUSB-B
バッテリー容量2,700mAhm3,000mAh2,000mAh
最大接続台数15台(無線LAN14台、USB接続1台)10台10台

ギアWIFIの端末に関しての注意点は、料金説明のところにも記載しましたが、端末を紛失してしまったり壊してしまったとき高額な費用を請求されること

機械損害金20,000円が発生します。(月額200円の保障サポートに入っている場合初回のみ10,000円)

なので取り扱いには十分注意する必要があります。

もちろんこちらに責がない自然故障についてはその限りではありません。

ギアWIFIの解約方法について

ギアWIFIを解約するときは、マイページのメールフォームから申し込む必要があります

注意すべき点としては解約したい月の前月までに申し込みをすることです。

当月中の解約はできません。

また端末返却時の送料は利用者側支払いになります。

おとく1年コースを1年以内に解約する場合、別途9,900円の違約金が発生します。

なお解約月の利用については次月迄利用できます。(月末までの消印があればOK)

ギアWIFIのメリット5つ

ここまでギアWIFIがどんなサービスなのかをみてきました。

では実際ギアWIFIを使うことによって私たちにどんなメリットがあるのでしょう。

ここではギアWIFIのメリットをあげていきます。

  • 料金が業界最安級
  • 300GB,完全無制限プランを選べる
  • 3日で10GBなどの容量制限ない
  • しばりありプランとなしプランを選べる
  • 安心のソフトバンク回線

料金が業界最安級

ギアWIFIの料金設定は他の競合より安さを打ち出しています

もちろん通信品質や使用する容量などご自分に合う、合わないがあります。

ただそれらが満足できるものであれば、料金は安ければ安いほど良いですよね。

安さこそがギアWIFIの最大のメリットになります。

300GB,完全無制限プランを選べる

独自の大容量プランがあるのもギアWIFIのメリットです。

引っ越しの予定があるなど光回線を契約できないヘビーユーザーの救世主となるでしょう。

また家族など複数人で固定回線として使用する場合、大量にデータ消費してしまいます。

ヘビーユーザーや複数人でシェアしているかたにとって、300GBプラン、中速無制限プランを選べるのはギアWIFIの大きなメリットになります。

3日で10GBなどの通信制限がない

ギアWIFIには3日で10GBになると低速になるなどの通信制限がありません。

データの利用量は毎日均一になるとは限りませんよね。

例えば

  • 休日は1日映画をみてすごしたり
  • パソコンのアップデートがはいったり
  • まとまった画像をアップロードする

など

そんなとき通信制限にかかってしまうと、その後の利用で回線速度が遅くてイライラしてしまいます。

ギアWIFIの大容量プランなら、後で低速になってイライラする心配はありません。

しばりありプランとなしプランを選べる

数か月だけモバイルWIFIを使いたい。

そんなときでもしばりなしプランがあるので気軽に申し込めます。

またしばりありプランについても比較的良心的です。

2年以上のしばりプランが多いなか、1年しばりのみ。

しかも1年経過後はいつでも解約でき、料金もそのまま据え置きです。

安心のソフトバンク回線

安心のソフトバンク回線なので全国の通信エリアを網羅されています。

ソフトバンクサービスエリアマップ

物理SIMなのでソフトバンク1社のみしかつながらずデメリットに感じるかもしれませんが、通信する際待たされずすぐにつながるのは物理SIMのメリットです。

業界最安級!300GB、無制限プランあり!ギアWIFIをチェックする

ギアWIFIのデメリット5つ

今までギアWIFIの良い所ばかりをみてきました。

もちろん良い所ばかりじゃありません。

次にギアWIFIのデメリットを見ていきましょう。

  • サービスが始まって間もない
  • サポートについてはやや不安
  • 料金は前払い制
  • 初月の日割りはない
  • 初期費用がかかる

サービスが始まって間もない

ギアWIFIは2021年7月にサービスを開始したばかりの通信事業者です。

実績がないだけに本当の実力は未知数と言わざるをえません。

特に昨年起こったWIFI事業者の消費者トラブルを思い起こすと不安にはなりますよね。

ただ運営側のスタッフの方もYouTubeでチャンネルを開設したり、Twitterで通信速度を伝えたり誠実さは伝わってきます

現状の安くて品質の良いサービスを継続して届けてもらう事に期待するしかありませんね。

サポートについてはやや不安

ギアWIFIには大手にあるサポートセンターなどはありません。

トラブルの際にはネット上で問い合わせる必要があります。

逆に言えばそのような所でコストカットしているからこそ、低価格を実現しているのでしょう。

料金は前払い制

ギアWIFIの月額料金は全て前払い制。

毎月26日に次月の料金を登録した決済方法で引き落とされることになります。

利用料金は前払いにせよ、後払いにせよ引き落とされるのは一緒なので同じといえば同じです。

ただ初月は初期費用と合わせて次月分が差し引かれるので、初月無料などとうたっているWIFI事業者とくらべると、どうしてもちょっと損をしたような気になってしまいます。

初月の日割りはない

初月の利用料に関して日割り計算はされません。

ただし15日から25日までに当月利用を申し込んだ方は半月分の請求になります。

なお、オプション料金(保障やセキュリティー)については15日から25日までの当月利用でもまるまる1か月分の料金が発生します。

1日~15日からの当月利用

まるまる1か月分請求

・6日~25日からの当月利用

半月分請求

初期費用がかかる

ギアWIFIは初期費用3,300円がかかります。

ほかのWIFI事業者もほとんど初期費用はかかるので、ギアWIFIだけのデメリットではありません。

ギアWIFIのような初期費用ありの契約では、1,2か月の超短期利用の場合、純粋なレンタルWIFIより割高になってしまう可能性も。

ただしギアWIFIでは2021年9月は事務手数料が無料となるキャンペーンをおこなっています。

9月31日まで以下のクーポンコードを申込みフォームに入力すれば初期費用が無料になります。

okigaru2021

好評なら再度キャンペーンを行う可能性もあるかもしれません。

念のため契約する前に公式のTwitterなどをチェックするようにしましょう。

ギアWIFI公式Twitter

ギアWIFIはこんな人にはおすすめ

いままでみてきたギアWIFIのメリット、デメリットからどんな方はギアWIFIに向いているのか考えてみました。

  • 大容量の安いモバイルWIFIを探している
  • 3年などの長い縛りは嫌だ
  • 大容量なので固定回線代わりなおかつ外出先でネットを良く使う
  • 転勤などこれから引っ越しの予定がある

大容量の安いモバイルWIFIを探している

ギアWIFIは100GBプランでも業界最安級です。

また安さだけじゃなく300GBプラン、中低速無制限プランと独自性も生み出しています。

とにかく安く、大容量プランを探しているかたにとってギアWIFIはおすすめです。

3年などの長いしばりは嫌だ

ギアWIFIはしばりのあるプランでも1年間だけと比較的良心的です。

またしばりありプランに月額400円をプラスすれば、しばりなしプランを選ぶことも可能。

今後通信業界は5Gの普及など、目まぐるしく変わっていくことが予想されます。

なので数年契約でしばられるのはデメリットでしかありません。

一人暮らしで固定回線代わりなおかつ外出先でネットを良く使う

モバイルWIFIの魅力はなんといっても外出先で自分のネット環境を構築できること。

外出先でパソコンを使え、さらにはスマホのデータ量もおさえられ料金の節約にもなります。

またギアWIFIの大容量プランなら家での固定回線がわりにも最適。

持ち運びできるモバイルWIFIだからこそ、外出先と自宅のネット環境をまとめることができ、通信費を大幅に節約できます。

転勤などこれから引っ越しの予定がある

転勤が多い職種についている、今後事情があって引っ越しをするかもしれない。

そんなかたは光回線を引くにしても、契約期間が足かせとなってしまいますよね。

モバイルWIFIなら仮に引っ越しするにしても、引っ越し先ですぐに使いはじめることができます。

業界最安級!300GB、無制限プランあり!ギアWIFIをチェックする

ギアWIFIはこんな人にはおすすめできない

次にギアWIFIはどんな人にはおすすめできないかを考えてみました。

  • そもそもあまりネットをあまり使わない
  • 超高画質の動画の視聴、ネットゲームのガチ勢
  • モバイルWIFIに安さをもとめずより安心をもとめる

そもそもあまりネットをあまり使わない

ギアWIFIのプランは100GBからと大容量となっています。

外出先でちょっとパソコンを使うだけ、家にいるときはほとんどネットを使わない。

そんなかたには不向きです。

ネットをあまり使わない方で少しのパソコン作業をするくらいなら、スマホのデザリングで十分です。

超高画質の動画の視聴、ネットゲームのガチ勢

逆に通信品質に極度の品質を求めるかたにもギアWIFIのようなポケットWIFIは不向きです。

そのような方は高速で安定感のある光回線一択です。

ただしここでいう超とは4K以上の超高画質、コンマ何秒を争うFPSゲームを言います。

FHD画像の動画やほぼ全てのネットゲームも10Mbpsもでていれば快適です。

ポケットWIFIに安さをもとめずより安心をもとめる

ギアWIFIはまだ新しい事業者のため今後100%現状のサービスを維持できるとはだれにも言えません。

価格にこだわらず安心をもとめるならば、実績のあるキャリア製のものかWIMAXを選んだほうがよいでしょう。

ただしWIMAXは3日で10GB消費すると1Mbpsで速度制限がかかります。(5Gプランは3日15GB)
また大手キャリアの完全無制限プランになると、ドコモのギガホプレミア5G 1択になります。(他社と違いデザリングに容量制限がないため)月額7,315円

ただし専用ルーターは60,000円以上の高額のため、利用する場合5Gスマホでのデザリングが現実的です。

その他ギアWIFIについてのQ&A

記事内で言及できなかったギアWIFIについてのQ&Aをまとめました。

未成年者も契約できる?

ギアWIFIは未成年者が自ら契約することは出来ません。

未成年者の方でギアWIFIを使いたいかたはご両親など成人の方名義で契約するしかありません。

契約後にプラン変更はできる?

一度契約したプランは後から変更することはできません。

契約の仕直しはできますが、その場合新たな新規契約として事務手数料が余分にかかってしまいます。

端末の故障、紛失の際はどうするの?

速やかにマイページ上の連絡フォームから連絡しなくてはいけません。

また自然故障以外の場合機械損害金(20,000円)が発生します。

クーリングオフはできる?

基本できません。

ただし、しばり有りのおトク1年コースの場合のみ、利用から8日以内なら初期契約解除制度を使用しての契約の解除が可能です。

まとめ

新たに登場したばかりのギアWIFIを検証して、メリット、デメリットを上げてきました。

まずギアWIFIのデメリットは

  • サービスが始まって間もない
  • サポートについてはやや不安
  • 料金は前払い制
  • 初月の日割りはない
  • 初期費用がかかる

おおまかにまとめると、あらたなにサービスを開始したばかりの事業者のため、今後安定したサービスを供給してくれるか今の所未知数だという所が少し不安ではあります。

ただ運営の方もそれを理解しているようで、SNSやYouTubeで利用者の不安を解消する活動をしているのには好感がもてます。

ギアWIFI公式Twitter

ギアWIFI公式YouTubeチャンネル

気になる方は是非チェックしてみてください。

ギアWIFIのメリットは

  • 料金が業界最安級
  • 300GB,完全無制限プランを選べる
  • 3日で10GBなどの容量制限ない
  • しばりありプランとなしプランを選べる
  • 安心のソフトバンク回線

特に最大の売りは

  • 料金が業界最安級
  • 他社では扱っていない300GBプランと無制限プランがある

上記2点に集約されます。

 お得1年コース(縛りあり)お気軽フリーコース(縛りなし)
100GB3,190円(税込、月額)3,630円(税込、月額)
300GB3,938円(税込、月額)4,378円(税込、月額)
中低速プラン3,938円(税込、月額)4,378円(税込、月額)

安くて、大容量のモバイルWIFIを探しているけど、なかなか条件に合うものがみつからない。

そんな方は是非ギアWIFIをチェックしてみてください。

業界最安級!300GB、無制限プランあり!ギアWIFIをチェックする

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました