【ラインモ(LINEMO)SIMを紛失】したときの再発行手続きを徹底解説!

シム、スマホ

ラインモ(LINEMO)は3,000円以下で月間20GBを使え通信料をおさえられる一面もありますが、デメリットもあります。

デメリットの一つはネットで契約から解約までの全ての手続きを行わなければいけないこと。

スマホを失くしてしまったとき、ネット上の窓口マイメニューから手続きをしなければいけないんですよね。

ソフトバンクや、Ymobileなら店舗に駆け込むこともできますが、ラインモ(LINEMO)はそうはいきません。

もしスマホを失くしてしまったら、家族、友人、会社にも連絡できず困ってしまう。

お金やクレジットカードを失くしてしまったとき、いやそれ以上に不安になってしまいますよね。

そんな不安を解消するため、スマホ紛失のときどのように対応したらよいのか解説します。

  • スマホを失くすことを不安に思っている方
  • 現在進行形でスマホを失くしてしまった方

は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【ラインモ(LINEMO)SIMを紛失】したときの再発行手続きを徹底解説

いきなり回線の停止、SIMの再発行する前にまずは自力でスマホをみつけられたらそれに越したことがないですよね。

事前に設定を有効にしておく必要がありますが

  • iphoneならiphoneを探す
  • androidなら端末を探す

機能をつかってまずは自力で探す努力をしておきたいもの。

すでにスマホをなくしてしまって見つからなかった方には申し訳ありませんが、見つかればラッキーじゃないですか。

iphoneの場合事前設定でBluetoothをONにしておけば、回線停止後オフラインでも探す機能が利用できます。

androidの場合、回線停止してオフライン状態になってしまうと探す機能が利用できなくなってしまいます。

位置情報をチェックしてみつからないと判断してから回線停止しましょう。

そして自力で探しあてるのがむずかしいと感じたら、少しでも心あたりのある地域の交番に紛失届を提出。

以外と善意あるかたが後日届けてくれることもめずらしくありません。

結局見つからなかった、そうなれば次のSTEPに応じてSIMカードの再発行をしなければいけません。

  1. 回線停止
  2. SIMカード再発行手続き
  3. 回線再開

をマイメニューから行います。

以下でそれぞれ手順を解説していきますね。

【手順1】ラインモ(LINEMO)の回線停止

くり返しにはなりますが、ラインモ(LINEMO)の場合、基本手続きはマイメニューから行わなくてはなりません。

ラインモ(LINEMO)を使うなら紛失、盗難など起きた時のためにネット環境やサブ端末をそろえておくことは必須と考えます。

もしものときマイメニューにアクセスできず、手続きすら行えなくなってしまうからです。

まずはラインモ(LINEMO)のマイメニューにログインしスマホなら一番下までスクロール。

PCならメニュー上部の回線停止メニューからも手続きを行えます。

ラインモ(LINEMO)マイメニュー


【ラインモ(LINEMO)】のマイメニューにスマホから入れないときの対処法

変更→停止でラインモ(LINEMO)回線が一時的に停止します。

ラインモ(LINEMO)の回線停止、解除はマイメニュー上から24時間受付ています。

また回線の停止、解除のみは電話からも受け付可能。

こちらも24時間体制で対応しています。

電話番号0800-919-3442
通話料無料

【手順2】ラインモ(LINEMO)のSIMカードを再発行する

次にSIMカードの再発行ですが、物理SIMとeSIMがありそれぞれ解説していきますね。          

SIMの再発行手続きはマイメニューからのみで、受付時間は9:00~20:00です。

物理SIMの場合

こちらのリンクから飛べます。

ラインモ(LINEMO)SIM再発行手続き

ログインして確認にチェックを入れ申込を確定すれば、後日郵送で新しいSIMカードが指定の住所に送られてきます。

eSIMの場合

eSIMの場合もこちらのリンクから手続きします。

ラインモ(LINEMO)SIM再発行手続き

ただ物理SIMの手続きと違い直にログインできず、登録しているメールにセキュリティー番号が送られ2段階認証の形での手続きします。

  1. 申込完了後新しいプロファイルがメールで届く
  2. プロファイルをダウンロード後アクティベーションコードの入力
  3. 回線の切り替え、端末の再起動

上記になります。

以前は物理SIMからeSIMへの切り替えは行っていなかったようですが、機種変更のサポートには可能と取れる内容がのっています。

ただ念のためSIMカードの種類を変更したい場合、必ずチャットサポートへ問い合わせ確認してからにしてください。

ラインモ(LINEMO)チャットサポート

SIM再発行にかかる料金

ラインモ(LINEMO)のSIM交換にかかる手数料は無料です。

ちなみにauのpovoも無料。

docomoのahamoは故障、盗難以外は2,200円かかるようです。

そう考えるとラインモ(LINEMO)は良心的ですね。

SIM再発行にかかる時間

eSIMの場合、受付時間内なら即時発行してくれるので、全ての手続きが終わるまで10分程度のようです。

物理SIMの場合必然的に郵送になるので、早くても手続きから2日くらいはみておいたほうが良いでしょう。

【手順3】ラインモ(LINEMO)の回線再開

SIMの再発行手続きが終わったら手順1と同じようにマイメニューか電話で回線の再開手続きを行います

仮にですが、手持ちにeSIM対応の端末があれば、例えスマホをなくしてしまってもすぐに切り替えられるので最強です。

またeSIM対応の端末をもっていなかったとしても、家電量販店などにかけこみeSIM対応のシムフリースマホを購入すればすぐに使い出せます。

ただeSIM対応のスマホはまだまだ少ないですし、値段も高い

また設定がうまくいかないなんて声も聞こえてきます

android物理SIMを愛用している私は次のように対策をとっています。

もしものためにラインモ(LINEMO)以外のサブ回線を

ラインモ(LINEMO)をメイン回線で使いつつ、楽天モバイル、OCNモバイル3つのSIMを併用というか予備で持っています。

メイン回線のスマホを失くしてしまったときでも、サブ回線があればスマホ難民にならず安心だから。

楽天モバイルは1GBまで毎月の利用料が無料。

新規申し込みなら端末を購入しても端末代全てポイント還元されちゃいます。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

OCNは毎月1GBで770円。

しかもOCNモバイルなら端末を安く買えるので半年、1年使ってもお釣りがきます。

XiomiのRedminote9sを1円で購入しました。

【ocnモバイルはいつ届く】コスパ最強1円スマホって本当にお得なの?

月間1GB770円端末が激安OCN

楽天モバイル、OCNモバイルなど維持費が実質かからないサブ回線を利用すれば、予備の端末も持てて一石二鳥です

もしスマホを紛失してしまったときの保険になりますよ。

みなさまも是非検討されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ラインモ(LINEMO)SIMのスマホを、紛失したときのマイメニュー上の手続きをまとめていきます。

  1. 回線の停止
  2. SIMの再発行手続き
  3. 回線の再開

自力で見つけ出すことが難しいと判断したら、まずはスマホを他人に悪用されないよう回線を停止しましょう。

回線停止、再開の手続き

  • マイメニュー
  • 電話

から24時間手続き可能です。

ラインモ(LINEMO)マイメニュー


【ラインモ(LINEMO)】のマイメニューにスマホから入れないときの対処法

電話番号0800-919-3442
通話料無料

マイメニューからのみ行えます。

SIM発行の手続きは以下のリンクからおこないます

ラインモ(LINEMO)SIM再発行

  • 受付時間は9:00~20:00
  • SIM発行にかかる費用は無料

ラインモ(LINEMO)のスマホを失くしてしまってもeSIM対応の端末もっていれば、営業時間内ならすぐにSIMを再発行でき使い始めることが出来ます。

ただし、eSIM対応端末はまだまだ少なく値段も高い。

ならばもしスマホを紛失してしまった時のために、維持費のかからない、もしくは安いサブ回線を用意してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル、OCNモバイルなら実質ただで端末を手に入れることもできお得ですよ。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!


月間1GB770円端末が激安OCN

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました